ななめな学校?

ななめな学校は、アーティストやデザイナーといったクリエイターが先生となり、いつもとは違った「ななめな」ものの見方で、さまざまなメディアやテクノロジーを使った新しい表現に挑戦する学校です。

科学の発見も、新しい芸術も、世の中を一変させる発明も、いつもと違ったものの見方でものごとを捉えてみるところから始まったのではないでしょうか?ななめな学校が大切にしているのは、ものごとを色んな角度から見ることを体験してもらうことです。

アートやデザイン、エンジニアリングの世界で、新しいものをつくろうとするとき、答えが見えない中で、ものごとから新しい価値を発見し、それを形にしていく技術が必要です。そういった基本姿勢や技術を、プロのクリエイターが考えたワークショップ体験を通して、楽しく学ぶことが目的です。

将来さまざまな分野で活躍していく子どもたちに、ななめな学校を通じて様々な表現や考え方に触れてもらうことで、子どもたちの創造性を育み、より豊かな文化が生まれる土壌をつくっていけたらと考えています。

主催・企画運営
千葉市メディア芸術振興事業実行委員会

 

 

千葉市メディア芸術振興事業実行委員会について

2014年度からスタートした「千葉市メディア芸術振興事業」は、千葉市の様々な地域資源の魅力をメディア芸術の力で発掘するとともに、子ども向けの体験イベントや若者を対象としたワークショップ等を実施することで、若者に関心の高いメディア芸術の振興を図ることを目的としています。